本日 46 人 - 昨日 62 人 - 累計 71698 人
サイトマップ

楽器の紹介

  1. HOME >
  2. 楽器の紹介
画像Mandolin - マンドリン

マンドリン属の中心的な楽器です。主に旋律を奏でます。マンドリンオーケストラでは最高音域を担当し、ピックという道具で弦を細かく弾いて音を出す「トレモロ」という奏法が使われます。
高音はキラキラと輝くような、低音はゆったりと柔らかい音色を奏でます。
鳥大マンドリンクラブでは「ドリン」と呼んでいます。


画像Tenor Mandola - マンドラ・テノーレ

マンドリン属の楽器で、マンドリンより一回り大きく、中音域を担当します。主旋律、伴奏など様々な才能を発揮するマルチプレイヤーです。マンドリンと同じく、ピックを用いるトレモロ奏法で弾きます。
鳥大マンドリンクラブでは「ドラ」と呼んでいます。


画像Mandolon Cello - マンドロン・チェロ

マンドラより一回り大きい、低音域を担当する楽器です。豪快で激しい音色や、繊細で暖かみのある副旋律を奏でます。他のマンドリン属の楽器と同じく、ピックを用いるトレモロ奏法で弾きます。
鳥大マンドリンクラブでは、「セロ」と呼んでいます。


画像Classic Guitar - クラシック・ギター

リュート属の楽器で、ナイロンの弦を指で弾いて音を出すため、柔らかい音色を奏でることができます。主旋律あり、伴奏ありと大活躍の楽器です。
鳥大マンドリンクラブでは、「ギター」と呼んでいます。


画像Contrabass - コントラバス

ヴィオール属の楽器で、マンドリンオーケストラでは最低音域を担当します。弓で弦を擦って弾くアルコ(またはボウイング)、指で弦をはじくピッツィカートの2つの奏法で弾きます。
低く太い音で全体を支える役割を持ちます。
鳥大マンドリンクラブでは「ベース」と呼んでいます。